だれもが住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために

 NPO法人佐倉市民後見人協会は、2013年に佐倉市で開催された『市民後見人養成講座』の修了生が集まってつくった、文字通り市民による市民のための成年後見支援組織です。

 佐倉市においても成年後見制度利用が相当進むと予見され、障がい者の権利擁護、見守り支援として、身上監護を重視した法人後見へのニーズが高まっています。千葉家庭裁判所佐倉支部においても、このたび市民後見人が登用され、更なる市民後見人養成講座の開催が期待されるところです。

 当法人は、今後の情勢への対応及び、新たな展開、飛躍を期するため、特定非営利活動法人へ衣替えし、組織、活動のレベルアップを図り、組織の自立性強化と市民目線での活動に資することで、地域、市民の信頼性向上を目指すとともにイコールパートナーシップの下で佐倉市社会福祉協議会との新たな連携関係を構築し、佐倉市社会福祉協議会成年後見制度関連事業を支援していくこととしました。